舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友恵しづねと白桃房」のウェブサイトです。




友恵しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

リンク集

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ




KOREAN→|profilelive


 

2017年5月25日
OFFICE TOMOE

オランダの俳優 ヨェプ・ドーレン氏来日
〜 朗読、雅楽と舞踏による創作過程の提示 〜
3つの公演のご案内
2017年7月27日「夢跡一紙〜黄鐘」サロン ド ウノ
2017年7月29日「海に棲む人 - 盤渉」トーキョーコンサーツ・ラボ
2017年8月4日「土用〜壹越」綜合藝術茶房 喫茶茶会記

 オランダを拠点として、ヨーロッパ中で活躍を続ける俳優、Joep dorren(ヨェプ・ドーレン)氏が来日します。
 ヴァンデルヴァイザー楽派と親密な関係を持ち、Robert Lax(ロバート・ラックス)の詩から、世阿弥、芭蕉のテクストまでを網羅する声の思索的探求者が、ドイツ、オランダでツアーを共にした仲間と、この夏、東京で再会を果たします。今回の来日公演は、彼の来るべき作品「季譚 kitan; a seasons tale」の創作過程そのものであり、朗読、雅楽と舞踏によって提示されます。
 雅楽は、「雅楽トリオ 千歳」<石川高氏(笙)、中村仁美氏(篳篥)、角田眞美氏(龍笛)>によります。
 この度、舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」の加賀谷早苗(舞踏)が参加しますので、ご案内申し上げます。

陸根丙(Yook Kuen-Byung) 友惠しづね
 2017年7月27日(木)サロン ド ウノにて「夢跡一紙〜黄鐘」、7月29日(土)トーキョーコンサーツ・ラボにて「海に棲む人 - 盤渉」、8月4日(金)綜合藝術茶房 喫茶茶会記にて「土用〜壹越」の3公演が開催されます。ぜひ、3つの公演をお楽しみくださいませ。
 ご来場を心よりお待ち申し上げております。

 *席数に限りがございますので、お早めにお申し込み下さいませ。
7/29「海に棲む人 -盤渉」、8/4「土用〜壹越」受付中でございます。
7/27「夢跡一紙〜黄鐘」は完売御礼。受付終了いたしました。
お申し込みありがとうございました。(7/5 オフィス友恵)
 
<3つの公演のご案内>
2017年7月29日(土)「海に棲む人- 盤渉受付中
会場・主催 :トーキョーコンサーツ・ラボ
 (東京都新宿区西早稲田2-3-18)
開演 :14:00(開場:13:30)
入場料 :前売り 3,000円(当日 3,500円)
お申し込み :株式会社東京コンサーツ
 Tel:03-3200-9755(平日10:00-18:00) Fax:03-3200-9882
 E-mail: lab-ticket@tokyo-concerts.co.jp
 (氏名とご希望席数をお知らせください)
演目 :Robert Lax作詩 “The Hill”より
 (語り、3人の雅楽奏者と1人の踊り手による即興)
 ・盤渉調 青海波
 ・催馬楽 伊勢の海
  他
協力 :Global Performing Arts Group Amsterdam
2017年7月29日(土)「海に棲む人- 盤渉」チラシ
 
2017年8月4日(金)「土用〜壹越受付中
会場 :綜合藝術茶房 喫茶茶会記
 (東京都新宿区大京町2-4 サウンドビル1階)
開演 :19:00(開場:18:30)
入場料 :2500円(ドリンク付)
演目 :芭蕉、雅楽壹越調曲、即興、他
予約 :雅楽トリオ 千歳 gagakuchitose@gmail.com
協力 :Global Performing Arts Group Amsterdam
2017年8月4日(金)「土用〜壹越」チラシ
 
2017年7月27日(木)「夢跡一紙〜黄鐘SOLD OUT 満席御礼
会場・主催 :サロン ド ウノ
(東京都中野区江古田1-6-6 グランドメゾン哲学堂公園801)
開演 :18:30 (開場:18:00)
入場料 :3000円(お食事は +1000円)
演目 :Antonie Beuger作曲「夢跡一紙」〜雅楽黄鐘調曲、他
予約 :雅楽トリオ 千歳 gagakuchitose@gmail.com
協力 :Global Performing Arts Group Amsterdam
2017年7月27日(木)「夢跡一紙〜黄鐘」チラシ
◎ 出演者のご紹介
Joep Dorren (ヨェプ・ドーレン)
朗読

オランダの俳優。パリのFaculte de Theatre de Vincennesで演技教育を、Roy Hart Theatreで発声と歌唱の指導を受け、1988年には、ジョン・ケージのマスタークラスに参加した。その後、フランス、イタリア、イギリス、オランダの劇場に多数出演し、べルキー、デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、そしてスイスへのツアーに参加している。
1994年からは、ドイツの作曲家グループ「ヴァンデルヴァイザー」による声のための作品を演奏、初演してきた。また、ジョン・ケージ、サミュエル・べケット、ロバート・ラックスの作品も演じており、ドイツのドナウエッシンゲン音楽祭や、イタリアのラナ・フェスティバルに参加している。
2012年には、ソプラノ歌手イレーネ・クルカとタブル・べース奏者エバーハルト・マルトフェルトによる音楽劇作品「Das Innere des Auseren」を監督し、ドイツでツアーを行った。
2015年の夏には、シェークピアのリア王に基づく作品「Lear Lesen」を創作し、ドイツのDusseldorf Kunstraumにて公演した。
2016年2月には、ヴァンテルヴァイザーを設立した作曲家、アントワン・ボイガーの「日本三部作」からの作品を、雅楽トリオ「千歳(ちとせ)」と共に、声の俳優として演じ、ドイツとオランダにてツアーを行った。

 
雅楽トリオ 千歳(ちとせ)

石川高(笙)、中村仁美(篳篥)、角田眞美(龍笛)の3名による雅楽演奏グループ。グループ名「千歳」は神楽歌の中の1曲である「千歳」からとったもので、悠久の年月を経て伝えられてきた雅楽を象徴するとともに、良き年月がいつまでも続くようにという願いの表れでもある。2015年ドイツ語福音教会にてチャリティーコンサート、2016年2月にドイツ、オランダの7都市で公演をした。

 
加賀谷早苗(かがやさなえ) 舞踏

友惠しづねに師事。舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」メンバー。日本舞踊若柳流師範。東京藝術大学美術学部卒業。日本人のからだをテーマに舞台活動。音楽家、美術家、伝統芸能、演劇など多種ジャンルのアーティスト達とのコラボレーションも多い。
http://www.tomoe.com

 
◎ 関連記事
シーボルトハウスで「ジャパニーズ・アート・セミナー」 〜 雅楽と舞踏の共演 〜
 
◎ 本件に関するお問い合わせ
株式会社オフィス友惠
〒167-0053 東京都杉並区西荻南4-12-4
TEL: 03-3334-7918 FAX:03-3334-7919
E-MAIL: info@officetomoe.co.jp
なお、公演へのお申し込み・ご予約を、オフィス友惠にお寄せ頂くことも可能です。お申し込みお待ち申し上げております。
 
 
本サイトの文、画像、映像等の全てのコンテンツの無断転載及び無断使用を禁じます。
2017/7/17 UPDATE 読みもの・映像・音声
舞踏の表現構造 執筆:友惠しづね
歩行テキスト批評 執筆:友惠しづね
舞踏、その体と心 友惠舞踏メソッド 執筆:友惠しづね
一本の木の物語 執筆:天乃宇受美
ブルース・ハープ 執筆:加賀谷さなえ
舞踏 執筆:芦川羊子
大船渡市・陸前高田市 災害支援ボランティア (入澤サタ緋呼)
団鬼六永眠 (加賀谷早苗)
舞踏の精髄 執筆:芦川羊子
からだ表現と即興 執筆:友惠しづね
詩の朗読と舞踏のコラボ 執筆:友惠しづね
「友惠舞踏メソッド」、その演出法 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド3 執筆:友惠しづね
みんなで楽しめるコラボ・システム 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 2 執筆:友惠しづね
風のまなざし 詩:友惠しづね
大野一雄氏100歳をお祝いして 大野慶人氏インタビュー
 
聞き手:土方巽舞踏鑑 代表 カガヤサナエ
「南管オペラ」のアーティスト達 文:友惠しづね
台湾での舞踏講習会 -「江之翠劇場」の皆さんと- 文:友惠しづね
南管オペラ 文:友惠しづね

X JAPAN hide(2005年9月25日hide MUSEUM閉館に寄せて)  文:友惠しづね

TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. All Rights Reserved.