|japan INDEX|English INDEX|Contact us|

T A L K I N G

INTERVIEWER:IRISAWA SATAHIKO
インタビュア-:
舞踏家 入沢サタ緋呼(極真カラテ初段)

小笠原氏が、極真と舞踏、からだのこと、
熱く語って下さいました。



蹴者 小笠原和彦(第15回全日本大会決勝戦)



小笠原和彦インタビュー Vol.1

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

小笠原和彦
四段 極真小笠原道場長
第3回世界選手権日本代表
第15回全日本準優勝

第15回全日本大会決勝戦では勝負の決着がつかず、大山倍達総裁より極真カラテ前代未聞の「時間無制限一本勝負」を課せられた。
「足技の魔術師」の異名を持ちその華麗さを称えられるが、今回のインタビューでは重要なことは正確に相手の中心点を打つことであり、足技は相手への牽制として使っていた、という強さの秘密を明かされた。



左:小笠原和彦 右:入沢サタ緋呼
入沢サタ緋呼 (いりさわさたひこ、
IRISAWA Satahiko)

1988友惠しづねに師事。舞踏家。舞台美術の制作にも携わる。1990年アメリカ政府USIAプロジェクトにより交換留学。客演では、'95年オペラドリヨン「マダムバタフライ」、'94年郡司正勝作・演出「遥かなるリボンヌ」。極真カラテ初段。
開場/17時30分 試合開始/18時30分
藤波辰爾&金原弘光 vs 維新力&小笠原和彦のタッグマッチ
リアルジャパンプロレス 主宰:佐山聡初代タイガーマスク)。
大相撲・元関脇の貴闘力がプロレスデビューを果たす
鈴木みのるとタッグを結成し、大仁田厚&矢口壹琅と対戦
チケット残りわずか! 
連絡先:03-3334-7918 
担当/オフィス友惠 入澤サタ緋呼
 

Copyright (c) OFFICE TOMOE Ltd.2014 All Rights Reserved.


The avant-garde arts movement in 1960's was led mostly by
musicians and visual artists. In midst of it, an avant-garde dance called
Butoh was quickly making its existence known.