舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」のウェブサイトです。


友惠しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

SHOP
DVD販売

新着情報

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ

特定商品取引法に基づく表記
個人情報保護方針
リンク集




KOREAN→|profilelive



 
ルーマニアでユネスコITI主催
「日本の舞台芸術と文化」集中講座開催
 
 

 今冬2010年10月25日から12月4日にかけて、ユネスコITI(International Theatre Institute)主催による「日本の舞台芸術と文化」(Japanese Theatre and Culture)集中講座がユネスコ ルーマニア ユースセンター(ブカレスト)にて開催されます。
この講座はユネスコITIのコルネリウ ドミトリウ(Corneliu Dumitriu)議長の要請により計画され、ユネスコITIの加盟校として桐朋学園芸術短期大学が講師のコーディネートを手掛けています。講座は能・狂言、歌舞伎(日本舞踊)、身体表現の3期から構成され、能・狂言は善竹十郎先生、歌舞伎(日本舞踊)は藤間藤三郎先生、そして、身体表現においては私ども「友惠しづねと白桃房」舞踏団の加賀谷早苗が講師を務めます。
大学のマスタークラスの学生や俳優などを対象に、講義と実技のワークショップを実施し、各講座の最終日には受講生による発表会を行います。ぜひ発表会をご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。ご来場をお待ち申し上げております。

 
  日本の舞台芸術と文化:『身体表現(Body Expression)』講座について
 
 
主催:
ユネスコITI
コーディネート: 桐朋学園芸術短期大学
場所: ルーマニア ブカレスト市 
ユネスコ ルーマニア ユースセンター・ユネスコ シアタースタジオ
(The Romanian Youth Center for UNESCO / UNESCO Theatre Studio)
講師: 加賀谷早苗、 助手:芦川羊子
時期: 2010年11月5日(金)から11月22日(月)
発表会: 11月22日(月)19:00 ★ご来場の際は事前にご連絡下さい。

■授業の概要:
日本発の現代舞台アート・舞踏。その総合的な創作メソッドを「友惠舞踏メソッド」により体験します。舞踊、演劇など創造的な身体表現技術の開発に貢献できるものと考えます。また、照明、音響、美術、衣装、メイクなどを含め作品の創作法、舞台演出法も学びます。

■授業の到達目標:
舞踏アートのコンセプトだけではなく、実際に振付けを身に付け、一緒に作品を創っていきます。
■授業計画:
舞踏の歴史、具体的な身体表現技術に関する2回の講義 舞踏公演とその制作現場を映像で紹介し解説する14回の講義 3時間×28回のワークショップ

CO-ORGANIZERS
 UNESCO CHAIR of the International Theatre Institute
 TOHO GAKUEN College of Drama and Music, Tokyo
 JAPAN FOUNDATION
 INSTITUTUL CULTURAL ROMAN
Under the Patronage of the
 ROMANIAN PRESIDENT
WITH THE SUPPORT OF
 JAPANESE EMBASSY IN BUCHAREST
 POLISH MINISTRY OF CULTURE Coca-Cola POLAND
 ROMANIAN EMBASSY TO WARSAW
 ROMANIAN YOUTH CENTER FOR UNESCO
 HOTEL DALIN BUCHAREST
 UNESCO STUDIO
 
 


TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. 1995-2018 All Rights Reserved.