舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」のウェブサイトです。


友惠しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

リンク集

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ




KOREAN→|profilelive


舞踏DVD


2015年6月3日

音楽批評家の故・副島輝人氏を偲ぶ
ソエジマ・ナイト開催
〜 友惠しづねと白桃房・加賀谷早苗の舞踏上演ご案内 〜

【速報】7月6日(月)前売 SOLD OUT
2015年7月3日
 ソエジマ・ナイト7月6日(月)公演の前売は完売いたしました。
 前売のご予約を頂きました皆様、ありがとうございました。
 ご来場をご検討頂いておりました方々におかれましては、申し訳ございません。
 当日券については、ソエジマ・ナイト実行委員会までお問合せ下さい。
 ソエジマ・ナイト実行委員会  kinmiraikk@jcom.home.ne.jp 03-6762-3037


  今夏 7月6日(月)と7日(火)の2夜、昨年7月にご逝去された音楽批評家の副島輝人氏を偲ぶ『ソエジマ・ナイト』が催され、友惠しづねと白桃房の加賀谷早苗が舞踏上演をさせて頂くこととなりましたのでご案内申し上げます。

 副島さんとの出会いは30年以上前に遡ります。私ども舞踏団「友惠しづねと白桃房」の主宰者・友惠しづねがギタリストとして活動中、ライブハウスに副島さんがお越しになられたのがご縁でした。その後、「友惠しづねと白桃房」公演では、韓国のフリーミュージックの第一人者、サックス奏者のカンテーファン氏や、トゥヴァ共和国の超絶ボーカリスト・サインホナムチェラク女史とのコラボレーション公演をプロデュースして頂くなどお世話になりました。

 ソエジマ・ナイトとして、7月6日(月)は、NHK朝ドラ「和っこの金メダル」の主演でもおなじみ、無名塾の渡辺梓さんの一人芝居(美術:稲吉稔さん)と、加賀谷早苗のソロ舞踏上演(振付・演出・音楽:友惠しづね)を予定しています。7日(火)は、新進気鋭の映像作家・牧野貴さんとギタリスト・ターンテーブル奏者で映画音楽家としても名高い大友良英さんのコラボを予定。

 加賀谷早苗のソロ舞踏上演は、シビウ国際演劇祭でも絶賛を博しました。この度は、副島さんを偲び渾身の舞踏を踊らせて頂きます。
 お席に限りがございますので、ぜひお早めにご予約下さいませ。ご予約・ご来場を心よりお待ちしております。

 事前のご予約は、オフィス友惠(E-MAIL: info@officetomoe.co.jp/TEL: 03-3334-7918/FAX: 03-3334-7919)までお寄せ下さい。

株式会社オフィス友惠
代表取締役社長 加賀谷早苗

 

シビウ国際演劇祭 KANZAN批評(抜粋)
「加賀谷早苗という女性が一人きりで現れた時、一見その簡素さに惑わされましたが、川を流れる水の音を鏤めた音楽に合わせてゆったりと舞う彼女の姿は、観客に想像を絶する衝撃的な情緒を呼び起こさせました。」(BUSINESS magazin 誌)

「ダンスショーの中で、加賀谷早苗は友惠しづね振り付け・演出による『寒山・蓮遙抄より』を演じ、他の非西洋的演技には無い存在感を見せつけた。」(NINE CLOCK 紙)

「加賀谷早苗のような並外れた表現力を持った女優には、私は未だかつて出会ったことがなかった。子供の表情を浮かべたかと思えば、瞬時に、今にも死に絶えそうな老婆へと変貌する。」 (FITS 2012: Victor Kapra)

シビウ国際演劇祭「KANZAN」より
(Butoh: KAGAYA SANAE
(c) Sebastian Marcovici / Sibiu International Theater Festival)
【ご案内】
『ソエジマ・ナイト』
日時・出演: 7月6日(月)
渡辺梓(一人芝居) 稲吉稔(美術) 加賀谷早苗(舞踏)
7月7日(火)
牧野貴(映像) 大友良英(音楽)
開場:18時30分 開演:19時
会場:上野ストアハウス(台東区北上野1-6-11 ノルドビルB1)
アクセス→ http://www.storehouse.ne.jp/ueno/access.html
当日:3,500円 前売:3,000円 SOLD OUT
※ 前売をご予約の上、受付にて当日清算可能でございます。
主催:ソエジマ・ナイト実行委員会 03-6762-3037
協力:青土社 JINYA

副島輝人(そえじまてると)[1931-2014]
日本のフリージャズ誕生時から現場に密着した評論家・プロデューサーとして活躍。海外の前衛ジャズシーンの紹介と共に、日本の先鋭的ミュージシャンの海外公演プロデュースを手掛け、画期的な交流を生み出してきた。朝日新聞、毎日新聞、ジャズ批評誌、ミュージック・マガジン誌等に先鋭的な評論を執筆。ジャズ以外でも現代美術、前衛演劇、舞踏、革新的映画など前衛的な諸芸術の紹介、論評、あるいは製作にも関与し、その活動の幅は広い。

◎本件に関するご予約・お問合せ/取材申込先
株式会社 オフィス友惠 〒167-0053 東京都杉並区西荻南4-12-4
E-MAIL: info@officetomoe.co.jp/TEL: 03-3334-7918/FAX: 03-3334-7919
メールもしくは電話、ファックスにて、下記をお知らせ下さい。

------------------------------------ ご予約欄 ------------------------------------
1)ご氏名 :
2)ご予約日:
3)ご連絡先:
※お連れの方がいらっしゃいましたら併せてお知らせ下さい。
-----------------------------------------------------------------------------------
■関連記事
ジャズ批評家・副島輝人さんご逝去

■関連情報
友惠しづねと白桃房 動画集
ゲスト講師
共演アーティスト
加賀谷早苗ソロ舞踏 シビウ国際演劇祭KAZAN特設サイト
 
 



 

Google
WWW を検索 tomoe.com を検索
TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. 1995-2016 All Rights Reserved.