舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友恵しづねと白桃房」のウェブサイトです。




友恵しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

リンク集

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ




KOREAN→|profilelive


プロフィール PROFILE

友惠しづね
TOMOE SHIZUNE

「友惠しづねと白桃房」アーティスティック・ディレクター。舞踏家。振付家。演出家。ギタリスト。作曲家。
音楽家としての活動は1972年より開始され、作曲家として数々の秀作を残す。故吉沢元治(日本の即興音楽界の草分け的存在、コントラバス奏者、1998年没、享年67歳)から天才と称されデュオグループを結成、国内外の多くのアーティスト、音楽家、パフォーマーと共演活動を続ける。
1984年土方巽に師事。創始者土方巽の舞踏を唯一正統に継承しつつも、これを多彩なそして膨大な公演活動のなかでの緻密で飽くなき検証作業により、根本から創造し直し発展させることで初めて舞踏技能の集大成・友惠舞踏メソッドを確立する。
1989年舞踏と音楽家とのコラボ・シリーズ公演「風に寄りそう女」が第一回池袋演劇祭グランプリ受賞。
1990年〜1995年フランス国立オペラ・ド・リヨン「マダム・バタフライ」振付。1991年NHKオペラ「魔笛」舞踏振付。2007年友惠しづね演出による台湾伝統劇団「江之翠劇場」の作品「朱文走鬼」は台新芸術賞パフォーミングアーツ部門大賞受賞、2010年同作品はFESTIVAL DE L'IMAGINAIRE(フランス国立パリ・オペラ・バスティーユ)に招聘され絶賛を博す。
2012年韓国の美術家ユック・クンビュンとのコラボによりアート・ミュージックDVD「眠りへの風景」を発表。
友惠しづねと白桃房
TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO

1987年結成。舞踏の根幹を唯一担う存在として、国内外の多くの演劇、舞踊フェスティバル等に出演。1994年、ニューヨーク・タイムズ紙では「ビヨンド・ブトー」と評され、従来の舞踏のカテゴリーを越えながらその根源を伝えるものとして高い評価を得る。ビレッジボイス誌のデボラ・ジュウイット氏は、「私は舞踏の鮮烈さは、外国の、もしくは『他者』でありながら、且つ『普遍的』であるという事実からきている、と理解するようになった。友惠しづねの最新のより洗練された『蓮遥』は私を釘づけにし、魅惑した。」と評している。 1994年アデレード・フェスティバル招聘参加。「これは私がオーストラリアで観た最も思考を刺激し、没頭させられる公演であった。」(THE SYDNEYMORNING HERALD) 、「耳を傾けさせる音楽、髪が逆立つようなクライマックスにより『蓮遥』はその豊かな象徴性や力強いイメージをもって滲み出してくる。」(サンデーメール)。1996年エディンバラ・インターナショナル・フェスティバル招聘参加。「私が今まで見た中で最高のパフォーマーたちである。」(ファイナンシャル・タイムズ)、「第50回エジンバラ・フェスティバルは友惠しづねの舞踏が初参加したことで記憶されるであろう。」 (スコッツマン) 等の公演評を得る。
クラシック、ロック、ジャズ、伝統芸能、モダンダンス、役者、映像、美術など国内外のジャンルを超えたアーティスト達とのコラボレーション作品、即興ライブも多い。ジャズとの共演によるBiennale Musiques en Scene 2002(リヨン)フェスティバル、X-japanのhideとのライブ、オペラ・ド・リヨン「マダム・バタフライ」(吉田喜重演出)、NHKオペラ「魔笛」に出演、友惠しづね振付。
「マルチメディアと身体」をテーマにテレビ電話会議システムやインターネットを利用した遠隔コラボレーション「テレプレゼンス・シリーズ」では、多ジャンル、多テクノロジーとの共同創作を展開。

近年は誰もが楽しめる舞踏をめざして小学校、福祉施設などでのボランティア公演、講習会も積極的に行っている。
2009年日本顔学会誌に「舞踏の顔」を寄稿。2016年第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)にて、「舞踏の顔」の実演・作品展示発表
2010年情報コミュニケーション学会誌に「身体コミュニケーション最前線」を寄稿、同学会で「究極の身体コミュニケーションを体感する」を講演。

舞踊、演劇など創造的な身体表現技術の開発に貢献するものとして友惠舞踏メソッドを通じて俳優や他ジャンルの舞踊家を対象にワークショップを実施している。2010年ユネスコシアタースタジオ(ルーマニア)で「JAPANESE THEATRE AND CULTURE」コースの講師を務める。 2016年ポーランド・ヴロツワフ(欧州文化首都)のグロトフスキ研究所で身体表現の研究プログラム「BodyCostitution」が開催され、舞踏のワークショップと講義、舞踏上演を提供。

2012年3月1日アートミュージックDVD『眠りへの風景をリリース
 

2016/10/16 UPDATE 読みもの・映像・音声
一本の木の物語 執筆:天乃宇受美
ブルース・ハープ 執筆:加賀谷さなえ
舞踏 執筆:芦川羊子
大船渡市・陸前高田市 災害支援ボランティア (入澤サタ緋呼)
団鬼六永眠 (加賀谷早苗)
ラジオデイズ 『BUTOHに学ぶ表現力』 加賀谷早苗 / 舞踏家
舞踏の精髄 執筆:芦川羊子
からだ表現と即興 執筆:友惠しづね
詩の朗読と舞踏のコラボ 執筆:友惠しづね
「友惠舞踏メソッド」、その演出法 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド3 執筆:友惠しづね
みんなで楽しめるコラボ・システム 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 2 執筆:友惠しづね
風のまなざし 詩:友惠しづね
大野一雄氏100歳をお祝いして 大野慶人氏インタビュー
 
聞き手:土方巽舞踏鑑 代表 カガヤサナエ
「南管オペラ」のアーティスト達 文:友惠しづね
台湾での舞踏講習会 -「江之翠劇場」の皆さんと- 文:友惠しづね
南管オペラ 文:友惠しづね

X JAPAN hide(2005年9月25日hide MUSEUM閉館に寄せて)  文:友惠しづね

Google
WWW を検索 tomoe.com を検索
TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. All Rights Reserved.