舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」のウェブサイトです。


友惠しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

SHOP
DVD販売

新着情報

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ

特定商品取引法に基づく表記
個人情報保護方針
リンク集




KOREAN→|profilelive



2010年4月8日
[画像]朱文走鬼
「朱文走鬼」国立オペラドパリ公演

 来る2010年4月13日、14日、私ども「友惠しづねと白桃房」舞踏団主宰・芸術監督の友惠しづね演出により2006年台湾の台北国立実験劇場にて初演された台湾・中国・日本の共同作品「朱文走鬼」(第5回台新芸術賞パフォーミングアーツ部門大賞受賞作品)が、フランスで開催される“FESTIVAL DE L’IMAGINAIRE”に招聘され、国立オペラドパリで上演されます。
 「朱文走鬼」は幽霊と人間の時空を超えた恋愛物語。中国で800年の歴史を刻む南管オペラを継承する台湾の伝統劇団「江之翠劇場」と私どもの舞踏が出演いたします。アジアという視点から台湾=中国文化を捉え直し、現代に問いかけようと野心的に取り組まれた創作作品です。
 この度のフランス公演を下記にご案内申し上げます。ぜひご高覧いただきたく、ご来場を心よりお待ち申し上げております。

FESTIVAL DE L’IMAGINAIRE
友惠しづね演出作品「朱文走鬼」 La fugue de Zhubun et du fantome
日時:
4月13日(火) 午後8時開演 (パリ現地時間)
4月14日(水) 午後8時開演 (    〃    )
会場: Amphitheatre de l’Opera Bastille http://www.operadeparis.fr
120 Rue de Lyon 75012 Paris / Metro: Bastille
主催: Maison des Cultures du Monde http://www.mcm.asso.fr/


フェスティバルのウェブサイト:http://www.festivaldelimaginaire.com/
 → 当プログラムの詳細ページ

 

関連記事: 台新芸術賞 大賞受賞に寄せて
  「友惠舞踏メソッド」、その演出法
 


TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. 1995-2018 All Rights Reserved.