舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友恵しづねと白桃房」のウェブサイトです。




友恵しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

リンク集

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ




KOREAN→|profilelive


第10回金大煥メモリアルデー
The 10th Kim Dae Hwan Memorial Day

文:加賀谷早苗

 2014年3月1日(土)、韓国ソウルのBuckchon Changwoo劇場で『第10回金大煥メモリアルデー』が開催された。韓国の音楽シーンをリードしてきたパーカッショニスト・金大煥(キム・デファン)氏が2004年にご逝去されて以来、その命日にちなみ、10年間、毎年3月1日に、このメモリアルデーは韓国の国民的歌手・張思翼(チャン・サイク)氏を中心にした金大煥氏を慕う方々により開催され続けてきた。
 金大煥メモリアルデーには韓国と日本の伝統音楽からジャズ、フリーミュージック、ポップスまで幅広いアーティストの音楽や舞踊が繰り広げられ、観客は舞台にまで溢れる人々が集う。10年目を迎える本年は皆それぞれが一層の力をこめて集結した。
 音楽家は、張思翼氏はじめジャズ・トランぺッターの崔善培(チェ・ソンベ)氏や伝統音楽のイ・グァンス氏(サムルノリ)、チェ・ジョンシル氏(韓国舞踊ソゴ)、キム・グァンソク氏(ギター)、キム・ヒソン氏(ドラム)、ガン・ウンイル氏(ヘグム)、ホ・ユンジョン氏(コムンゴ)など、日本からは大倉正之助氏(大鼓)、横澤和也氏(石笛)、和久内明氏(詩)、キム・スーン氏(サックス)、そして友惠しづねと白桃房(音楽:友惠しづね/舞踏)などが出演した。また、報道写真家のキム・ニュンマン氏がこれまでのメモリアルの記録をまとめた映像が上映された。司会はジン・オクソプ氏で、今年も場を和ませるトークで会を盛り上げて下さった。

 3月1日の早朝、金大煥氏の祭祀をご自宅で行い、お祈りを捧げた。また、張思翼氏と大倉正之助氏が書をしたため、公演の舞台に金大煥氏の遺影と共に掲げられた。金大煥氏は米粒に般若心経283文字を刻むことでも知られる(ギネスに名を残す)微細彫刻家、書家でもあった。


(祭壇に果実が供えられる。大倉正之助氏が書を)


(祭祀を終えて。張思翼氏の書と)

 祭祀に集まった方々との韓国の温かい朝食(ソンジへジャンクという二日酔いの朝に食べるというスープを頂いた)、張思翼氏宅でのお茶のおもてなしも心温まるひとときだった。


(温かいスープ、ソンジへジャンク)


(張思翼氏のお茶のおもてなし)


(張思翼氏宅の庭で公演に向けて意気込みを!)
 私ども舞踏団「友惠しづねと白桃房」は1994年にキリンプラザ大阪で舞踏公演を開催した際、金大煥氏をゲストにお招きし、共演した。その時の貴重なトリオ(金大煥、吉沢元治、友惠しづね)の音源を大事に残したい思いで2012年にはミュージックビデオ「眠りへの風景」(映像:ユック・クンビョン氏)をリリースし(制作は長年かかった)、メモリアルデーの折に完成のご報告にあがった。本年「友惠しづねと白桃房」からは入沢サタ緋呼(いりさわさたひこ)と私、加賀谷早苗が参加した。

 今年は、嵐の踊り(音楽:友惠しづね)を上演させて頂いた。また、崔善培(チェ・ソンベ)氏のトランペットと私どもの舞踏で即興をした。崔善培氏は、姜泰煥(カンテーファン)トリオ(姜泰煥氏、金大煥氏そして崔善培氏の3人)のメンバー。黒いハットに白い髭がトレードマークの崔善培氏は72歳、歴戦錬磨のフリージャズマンだ。トランペットとの出会いは、19歳の時、軍隊の楽隊で吹いた時からだという。
 上演後には、観客の方々から目頭熱く「深淵にふれた」、「生と死の狭間を感じた」など感動の声を頂いた。


(舞踏:友惠しづねと白桃房 入沢サタ緋呼、加賀谷早苗)


(音楽と舞踏の即興コラボ:崔善培氏と入沢サタ緋呼)


(音楽と舞踏の即興コラボ:崔善培氏と加賀谷早苗)
 会の合間にはゆかりの深い方々が紹介され、金大煥氏を支え続けた奥様・権明姫氏は「ありがとう」と感謝を述べられた。フィナーレの張思翼氏の謡うアリランでは皆が集い、歓喜に溢れるひとときとなった。

 さて、メモリアルデーは、ここで終わらない。張思翼(チャン・サイク)氏の後援会長の方が営む料理店で美味しい韓国料理を味わった後に、食卓を捌け、宴が始まる。私たちは、ブルース・ハープを披露させて頂いたのだが、そのお話しはこちらで。


(宴でブルース・ハープを)
 3月1日は、韓国では三一節として祝日となっている。日本が統治していた時代に独立万歳運動が起こった日、日韓関係にとって特別な日である。そんな中、韓国と日本のアーティストが集っているのだ。
 メディアにふれる間もない超多忙な滞在だったが、韓国の方と直接のつきあいを密接にした。帰国するとメディアでは日韓問題の論争を騒がしくしていたが違和感を覚えた。韓国の方と音楽と踊りを通してからだで感じた喜びと直接心を交わして感じた温情を大事にしたい。

−> ブルース・ハープの記事はこちら
 
本サイトの文、画像、映像等の全てのコンテンツの無断転載及び無断使用を禁じます。
2017/10/12 UPDATE 読みもの・映像・音声
一本の木の物語 執筆:天乃宇受美
友惠舞踏メソッドによる 「ポスト・フリー・コラボ」 執筆:友惠しづね
舞踏の表現構造 執筆:友惠しづね
歩行テキスト批評 執筆:友惠しづね
舞踏、その体と心 友惠舞踏メソッド 執筆:友惠しづね
ブルース・ハープ 執筆:加賀谷さなえ
舞踏 執筆:芦川羊子
大船渡市・陸前高田市 災害支援ボランティア (入澤サタ緋呼)
団鬼六永眠 (加賀谷早苗)
舞踏の精髄 執筆:芦川羊子
からだ表現と即興 執筆:友惠しづね
詩の朗読と舞踏のコラボ 執筆:友惠しづね
「友惠舞踏メソッド」、その演出法 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド3 執筆:友惠しづね
みんなで楽しめるコラボ・システム 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 2 執筆:友惠しづね
風のまなざし 詩:友惠しづね
大野一雄氏100歳をお祝いして 大野慶人氏インタビュー
 
聞き手:土方巽舞踏鑑 代表 カガヤサナエ
「南管オペラ」のアーティスト達 文:友惠しづね
台湾での舞踏講習会 -「江之翠劇場」の皆さんと- 文:友惠しづね
南管オペラ 文:友惠しづね

X JAPAN hide(2005年9月25日hide MUSEUM閉館に寄せて)  文:友惠しづね

TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. All Rights Reserved.