舞踏・BUTOHの創始者土方巽を唯一継承、舞踏芸術の発展をめざし、実践する舞踏カンパニー「友恵しづねと白桃房」のウェブサイトです。




友恵しづねと白桃房
プロフィール
公演履歴
公演評
テレプレゼンス公演
共演アーティスト
ゲスト講師
ワークショップ

SPECIAL CONTENTS
舞踏の読み物・映像
 インタビュー、舞踏演出 etc..
舞踏の顔表現
友恵の演出スナップ
日韓コラボレーション
華道と舞踏コラボレーション
作品「蓮遥」詩と写真

リンク集

ART MUSIC DVD
『眠りへの風景』

CONTACT US
お問い合わせ




KOREAN→|profilelive


 

2017年6月15日
OFFICE TOMOE

韓国のジャズ誌「JAZZ PEOPLE」に
新作DVD「蓮遙抄」韓国語版の発売ニュース掲載

 韓国のジャズ誌「JAZZ PEOPLE」2017年6月号に、「友惠しづねと白桃房」の新作DVD「蓮遙抄」韓国語版の発売ニュースが掲載されましたのでご紹介いたします。

 
「JAZZ PEOPLE」2017年6月号
 
JAZZ PEOPLE 2017年6月号
 
ジャズニュース
友惠しづねと白桃房<蓮遙抄>

去る2012年 韓日共同製作されたアートミュージックDVD[眠りへの風景]を発売した日本の舞踏カンパニー‘友惠しづねと白桃房’が新しい舞踏の作品<蓮遙抄>(/ Lotus In The Distance)を韓国語版で発売した。演出、振付、照明、音楽などを主宰の友惠しづねが指揮し、‘37兆2千億個の素性がひとときの輝きのなかに趣となって露れる’というタイトルがつけられている。日本の箏奏者・宮城道雄(1894-1956)が韓国の仁川に渡った折に、14歳で作曲したデビュー作「水の変態」へのオマージュとして、友惠しづねが作曲・演奏した「水の変態 〜宮城道雄に捧ぐ」を収録したりしている。世界的なジャズミュージシャン金大煥(キムデファン)、姜泰煥(カンテーファン)、崔善培(チェソンベ)などとも長年の親交を積んでいる友惠しづねと白桃房(加賀谷早苗)は去る3月1日、第13回金大煥追慕の日を迎え江南にある民俗劇場風流でチェソンベ、カンウンイル、ホ・ユンジョン、大倉正之助(大鼓)などと共に公演を開催もした。
 
◎ 関連記事
2012年3月31日
韓国のジャズ専門誌「jazzpeople」に友惠しづねのインタビュー掲載
2017年3月1日
友惠しづねと白桃房の日本語・韓国語版DVDリリース
2017年5月1日
友惠しづねと白桃房の日本語・英語版DVD第2版リリース
 
◎ 公演情報(2017年夏)
オランダの俳優・Joep dorren(ヨェプ・ドーレン)氏来日
〜 朗読、雅楽と舞踏による創作過程の提示 〜 3つの公演のご案内
 
 
本サイトの文、画像、映像等の全てのコンテンツの無断転載及び無断使用を禁じます。
2016/10/16 UPDATE 読みもの・映像・音声
一本の木の物語 執筆:天乃宇受美
ブルース・ハープ 執筆:加賀谷さなえ
舞踏 執筆:芦川羊子
大船渡市・陸前高田市 災害支援ボランティア (入澤サタ緋呼)
団鬼六永眠 (加賀谷早苗)
ラジオデイズ 『BUTOHに学ぶ表現力』 加賀谷早苗 / 舞踏家
舞踏の精髄 執筆:芦川羊子
からだ表現と即興 執筆:友惠しづね
詩の朗読と舞踏のコラボ 執筆:友惠しづね
「友惠舞踏メソッド」、その演出法 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド3 執筆:友惠しづね
みんなで楽しめるコラボ・システム 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 執筆:友惠しづね
即興音楽と舞踏 友惠コラボメソッド 2 執筆:友惠しづね
風のまなざし 詩:友惠しづね
大野一雄氏100歳をお祝いして 大野慶人氏インタビュー
 
聞き手:土方巽舞踏鑑 代表 カガヤサナエ
「南管オペラ」のアーティスト達 文:友惠しづね
台湾での舞踏講習会 -「江之翠劇場」の皆さんと- 文:友惠しづね
南管オペラ 文:友惠しづね

X JAPAN hide(2005年9月25日hide MUSEUM閉館に寄せて)  文:友惠しづね

Google
WWW を検索 tomoe.com を検索
TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBOhttp://www.tomoe.com Copyright (c) OFFICE TOMOE Co., LTD. All Rights Reserved.